不  可  侵  *  爪  団

Mouse Only / Yes Peace / No War / Yes LGBT / No Nukes

硬派な時代劇のような

博士と吉田くん


実際は、ほとんど同じ背丈の二人ではあるが、
経験豊富な40歳と、まだまだ青い24歳。

恋愛相談をしたり、共に残業して怪人製作にいそしんだり、
公私に渡る良き同僚、友人、パートナーだろう。


吉田くんが総統と大喧嘩して、秘密結社をやめると言い出した時…

博士「オイ、お前らがやめるんなら、俺もやめるぞ」
総統「博士、そんな」
吉田「博士は僕と一緒に出ていくんですよ!」
博士「俺は一人で行くんだよ」


このくだり、案外本気で心が痛くなってしまったのだが、
ハードボイルドなストーリーだな、と改めて思わされた。


本気で喧嘩して、
修復不可能なくらいギリギリのところまで皆が行ってしまって、
それから戻ってくるのは、その理由づけも、真剣度も生半可にはいかない。

そこを適当に流されたら、がっかりするし、感動しない。


フィリップとDXFの炊き出しの行列に、それぞれ並びに来た総統と、吉田くん。
「お前らがいると思ってな」と、ここへ来た博士。
そしてフィリップは、3人を集める為に企画したのだった。

硬派な、時代劇のようで、なつかしい。


(ちなみに当方、トレンディドラマ全盛期に、本放送や再放送の時代劇を録画しまくっていた。
笑わされ、泣かされ、連続モノは次の放送まで待ち遠しく、一話モノにはホッと溜息をついていた。

印象深いのは、三匹が斬る!、影の軍団(1~4、幕末編)、桃太郎侍、柳生一族の陰謀、
ぶらり信兵衛道場破り、宮本武蔵(NHK)、遠山の金さん(松方)、水戸黄門(西村)…と、書いてみるw

今はもうフィクションであれ、峰うちであれ、飛び道具であれ、人を斬るような映像は見たくない。
人と人がころし合うのは、無意味で矛盾だらけだ。同じ矛盾なら、総統のように平和な世界征服を目指したい)



スポンサーサイト
  1. 2013/04/07(日) 04:10:45|
  2. | コメント:0
<<MP3の歌 | ホーム | 長距離は苦手>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Ranking

鷹の爪ランク参加中。他の二次創作サイトさんもどうぞご訪問下さい↓↓↓

☆鷹の爪†ランク☆

Pixiv

Entries

Comments

Monthly

Bookmarks

Counter